女性ホルモンを活性化させる食材

a0777_000051

女性ホルモンの仕組みを知ろう

女性ホルモンは、女性にとって大事なホルモンです。
しかし、女性ホルモンは年齢とともに次第に減少してしまいます。
アラサーになり体や肌の不調を訴えるようになると、女性ホルモンが乱れているサインかもしれません。
女性がいつまでも若く美しくいるためには、女性ホルモンの存在は欠かせません。

では、どうすれば女性ホルモンを活性化させることができるのでしょうか?
女性ホルモンは、女性として生まれてから備わっているものです。
そのため、女性ホルモンの分泌が活発な年齢のときは、何もしなくても肌にツヤがあり弾力があります。

一般的に、女性は14歳で生理がはじまり、28歳で体は最高潮になります。
30代に突入し、35歳を過ぎると徐々に体は衰えはじめ、肌にも年齢を感じるようになってきます。
平均では49歳で閉経になるといわれていますが、個人差があるため50代になっても生理が続いている女性はいます。

このように、女性の体は女性ホルモンによって変化しています。
よく『女性は7の倍数で体質が変化する』といわれていますが、先ほどの年齢の変化はこれに当てはまります。
35歳から体が衰えはじめることを考えると、35歳より前から養正しなければいけないということです。

女性ホルモンと肝と腎の関係性

女性ホルモンの活性化=大豆製品を摂れば良いと思われがちですが、実は肝臓と腎臓を労わることがもっとも重要になるといわれています。
肝臓は、全身の栄養を運ぶ血液を蓄える臓器です。

一方で腎は、アンチエイジングと関係しているといわれています。
腎は腎臓と蔵精の働きがあり、性ホルモンと深い関係があります。
そのため、腎機能が低下すると更年期障害特有のホットフラッシュやめまい、足腰のだるさなどが起こるようになります。
最近は若年性更年期障害といって、若いうちから更年期障害が起こる女性も増えています。
これはすべて、肝と腎の働きが低下しているサインといって良いでしょう。

肝と腎に良い食材とは

食事は健康と美容に欠かせません。
肝と腎を活性化させるためには、とにかくそれらの臓器に適した食材を積極的に取り入れることです。

◎肝に良い食材
牛や鶏、豚のレバーです。
レバーが肝臓であることはご存知だと思いますが、レバーには血を補う作用があり、鉄分が豊富です。
そのため、不足した血液を安定させ、貧血を予防することができます。

◎腎に良い食材
もっとも効果的な食材は、『海老』です。
海老には、エネルギーを補い体を温める作用があります。

肝と腎の養正に良いといわれている食材もありますよ。
クコや鰻、黒ごまはこれらの臓器に働きかけ、活性化してくれます。
クコは、杏仁豆腐に乗っている赤い実で、スーパーで手軽に購入できます。
紅茶や茶葉に入れて飲むことが多いですが、そのまま食べることもできます。